グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 2019年6月オープンキャンパス

2019年6月オープンキャンパス


演劇専攻『僕の東京日記』 

6月15日(土)にオープンキャンパスが開催されました。


演劇専攻レポート

 6月15日(土)のオープンキャンパスは、受験を考える高校3年生から2年生、保証人のみなさま、音楽専攻では高校生はもちろん、社会人入学希望者も含めて、たくさんの方にご来校いただきました。

 演劇専攻では、認定専攻科(一般の大学の3,4年生に該当。四年制大学と同等の学士号を取得できる課程です)の学生たちの公演でした。作品は、日本を代表する劇作家・演出家であり、二兎社の永井愛の『僕の東京日記』を、本学学長でもある演出家の越光照文が演出しました。

1960年代後半から70年代初頭にかけて、高度成長期のころの日本を1990年代に描いた本作は、ある下宿のなかで生活するさまざまな人々を描いた群像劇です。とくにその当時の若い世代を描いた部分は、時代は遠く離れても、同じ若い学生が演じると不思議と熱のこもった今でも共通する部分があぶりだされるようでした。

また、演劇専攻ガイダンスでは、本学の特徴である認定専攻科というシステムや、ストレートプレイ・コースとミュージカル・コースのカリキュラム説明をしました。上演終了後は、希望者への個別相談が行われました。全教員が入試対策や学生生活など、受験希望者の疑問点を解決する、きめ細やかな説明が行われました。

音楽専攻レポート

音楽専攻の6月企画は卒業生コンサート。今回はピアノ、声楽、フルート、箏の卒業生に出演してもらいました。

プログラムは下記の通りです。
  ♪ ラヴェル:「鏡」 より 蛾 (ピアノ)
  ♪ タファネル:アンダンテ・パストラールとスケルツェッティーノ (フルート)
  ♪ シューベルト:若い尼僧/♪プッチーニ:「蝶々夫人」より ある晴れた日に (ソプラノ)
  ♪ 小宮瑞代:もうひとつの秋 (箏)


やはり、本学を卒業後、それぞれの場所でさらに研鑽を積んだ演奏は聴きごたえたっぷり。
演奏後には、在学中の思い出や、卒業後の活動について、海外留学の体験談など、突撃インタビューもおこないました。

2019年度オープンキャンパス等イベントスケジュール

2019年度イベント日程はこちらから!

オープンキャンパスでは、公演やコンサート、ワークショップなど、各回ごとにメインイベントを企画しています。次回は8月25日(日)、演劇専攻は学長クロストーク&入試デモンストレーション、音楽専攻はアウトリーチ講座&コンサートです。

★2019年度オープンキャンパス等のスケジュールはこちらから★


  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2020年度大学案内