グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 2021年度 実技公開試験

2021年度 実技公開試験


<狂言試験 発表のひとコマ>

※狂言とは、能と同様に猿楽から発展した伝統芸能で、猿楽の滑稽味を洗練させた笑劇。


7月3日(土)~4日(日)に演劇専攻2年生による実技公開試験を実施しました。


これは実習授業として1年生の後期からはじまった、日本舞踊、ショーダンス、狂言、タップダンス、バレエ、クラシック唱法などの実技系科目のなかから各自が科目を選び(もちろん、全ての科目を選択することもできます!)、舞台上で公開試験として発表するものです。
学生たちにとっては、大勢の観客の前で自分のパフォーマンスを観せることができる貴重な時間です。普段の練習はもちろんですが、単に練習や授業内で学ぶだけでなく、最終的な成果として、観客にどのように見せることができるのか、表現者としては、それが問われることです。そのため、実技公開試験として、観客のみなさまに見ていただくことによって、発表と同時に、次の更なる高みを目指すことを目標としています。
1年間の練習の成果として、各実技科目の発表後は、どの学生の顔も生き生きとした達成感にあふれていました。

日舞

日舞

日舞

日舞

狂言

狂言

狂言

狂言

ショーダンス

ショーダンス

ショーダンス

ショーダンス

タップダンス

タップダンス

タップダンス

タップダンス

クラシック唱法

クラシック唱法

クラッシク唱法

クラッシク唱法

バレエ

バレエ

バレエ

バレエ

本学では、自分たちがあがる舞台は自分で作ります。俳優として舞台に上がるのみならず、一人一人なにかの部署に必ず所属して、裏方も学びます。何もない場所に、一から自分たちで創り上げる舞台。お客様に観ていただく。そのためには客席が必要だ。照明で派手にしよう。音響も大切だ!それぞれが、それぞれの部署で活躍しています。

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2022年度大学案内