グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > イベントレポート  > 芸術科演劇専攻54期
ミュージカルコース卒業公演
『ねこはしる』

芸術科演劇専攻54期
ミュージカルコース卒業公演
『ねこはしる』


『ねこはしる』
原作:工藤直子
脚本:ふじたあさや
演出:大谷賢治郎
音楽:西村勝行

俳優座劇場にて、演劇専攻ミュージカルコース54期卒業公演として、ミュージカル『ねこはしる』が上演されました。


このページの目次


イベントレポート

 原作を脚本化、そして舞台化した本作は、一匹の猫の成長譚といっていいでしょう。
 猫がさまざまな環境を経験して、試練を乗り越えて、精神的にも身体的にも大きくなる物語であり、本学の特任講師である大谷賢次郎先生の手によって、今回は上演されました。俳優座劇場でコロナ対策を施した上で、学生たちはPCR検査を二度受けて舞台に立ちました。

 外部の状況は学生たちにも大きな不安を与えた、試練の時期であったことは確かです。しかし、それをくぐりぬけて、上演までたどり着いたことは、学生たちを、一回りも二回りも大きく成長させました。
 卒業後も、しばらくは演劇業界は大変だというイメージはありますが、実際のところ、感染対策をして粛々と上演が行われている状況を考えれば、いま演劇の基礎を学び作ることは、今後平常にもどったときの飛躍に大きく関わるでしょう。

キャスト・スタッフ等の詳細はこちらのサイトから!




『ねこはしる』公演情報はこちらから


Photo

  • 教育情報の公表
  • 資料請求
  • オープンキャンパス
  • イベント情報
  • 入試Q&A
  • キャンパスライフ
  • 活躍する先輩たち
  • 教学課からのお知らせ
  • 2021年度大学案内