桐朋学園芸術短期大学 GUIDE 2022
11/48

OURSE幅広い教養と実践力を身につけた舞台芸術のプロになる演劇と向き合う日々ボイストレーニング発声の基礎は大学で初めて学びました。お腹とお尻を締めて声を出す、これがすべての基本となります。映画論映画監督の行定勲さんから、映画や映像を制作するときの裏話を聞けて、好奇心を刺激されました。試演会最前線で活躍する方々と一緒につくり上げた作品で、熱い想いの大切さ、ベースとなる技術の大切さを実感。ひとつ経験するごとに可能性が大きく広がる演劇を学ぼうと決心したとき、高校の音楽の先生が薦めてくれたのが桐朋でした。ここはとにかく経験を積むことができる場です。1年間で触れる作品の数が圧倒的に多く、役者としてだけではなく人として大きく成長できます。さまざまな背景を持つ仲間に囲まれ、刺激し合いながら学ぶうち、自分自身の魅力を磨くことができたと感じています。2年後期の試演会の稽古では、これまでで一番楽しく、苦しく、学びの多い時間を過ごすことができました。さらに高みをめざそうと強く決心しました。芸術科演劇専攻ミュージカルコース2年水津広俊さんHirotoshi Suizu東京都千代田区立九段中等教育学校 出身Toho Gakuen College of Drama and Music 11

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る