グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 入試案内  > 専攻科について

専攻科について


桐朋学園芸術短期大学では、本学芸術科を卒業した学生がさらに研鑽をつむために、専攻科を設けています。専攻科では、演奏活動や上演活動を重ねることによって、実践力を伸ばしていきます。
なお、本学芸術科を卒業した者と同等以上の学力・能力があれば、本学の出身でない方も専攻科の入学試験を受験することができます。

※2018年度より学位授与機構認定専攻科となりました。所定単位を修得し、同機構の審査に合格することで、四年制大学を卒業した場合と同じ「学士」の学位が取得できます。


専攻科演劇専攻について

高度な専門教育で実践力を高める「プラス2年間」

専攻科演劇専攻は1968年に設置され、高度な専門教育により演劇界に多くの人材を輩出してきました。
専攻科では、本学演劇専攻卒業生または同等の能力があると認められた者を対象に、年3回の劇上演実習とワークショップを通して実践力を養います。
創設50周年を機に、カリキュラムをさらに充実し、多彩な科目を新たに増設しました。

特別講義

一流の講師陣を招いての講義が充実
演劇人としての幅広い教養を身につけることを目的に、一流の表現者および研究者を講師に招いて行われる講義です。学期ごとにテーマが設定され、毎週講師の顔ぶれが変わります。

【2019年度特別講義】
現代演劇の最前線
河合千佳  /フェスティバルトーキョー共同ディレクター
常田景子  /翻訳家
後藤浩明  /作曲家・演奏家
久野敦子  /セゾン財団常務理事
スズキ拓朗 /振付家・演出家
高萩宏   /東京芸術劇場副館長
タニノクロウ/演出家・劇作家、庭劇団ペニノ主宰
名取敏行  /名取事務所代表・プロデューサー
堀越涼   /あやめ十八番主宰・俳優・劇作家・演出家
大河内直子 /演出家
横田修   /タテヨコ企画主宰・追手門学院大学准教授
長島確   /ドラマトゥルク・フェスティバルトーキョーディレクター
岡幸二郎  /ミュージカル俳優

ワークショップ

第一線で活躍する演劇人・アーティストによるワークショップ
2019年度は演出の鵜山仁特別招聘教授の指導のもと、『エレクトラ』を題材に台詞の「音」の重要性を徹底的に学びました。また、小山ゆうな講師によるワークショップでは、インプロや『お月様へようこそ』のシーンワークを通して相手役との即興性を学びました。

劇上演実習

プロの演出家による劇上演実習
専攻科で学んだことの総決算。「本読み」から「立ち稽古」、「舞台稽古」、そして「本番」と、プロの演出家による徹底した稽古が40日以上にもおよび、完成度の高い上演を可能にします。

2015年度専攻科試演会
『黒い十人の女』
作:和田夏十 演出:三浦 剛

2017年度 専攻科演劇専攻試演会
『桐朋シェイクスピア』
演出 越光照文

Students' voices

福井奏美さん
先輩方の公演『桐朋シェイクスピア』を観て、憧れと尊敬を抱いたことが専攻科進学の決め手でした。専攻科では、演技の実習に加え、「演劇教育論」や「演劇学研究」など、演劇を取り巻くさまざまなことを学んでいます。視野が広がるにつれ、今の自分に足りないものを見つめるようになり、この1年はもう段ステップアップするための時間となりました。

岩島加奈さん
先輩の海外公演作品を観て「自分も海外で公演したい」と思い、専攻科に進学しました。北京で開催されたWTEA(国際演劇フェスティバル)に参加する機会を得て、3カ月間じっくりと準備し、演劇に取り組むことができました。多くの国の参加者と触れ合い、もっと人や社会に触れて、さまざまなことを学びたいと思うようになりました。

中村泉さん
器用なタイプではないので、芸術科時代は、舞台上で余裕がなく失敗も経験しました。もっと多くの経験を積んで、舞台で堂々と演じられるようになりたいと専攻科へ。また、学位取得に挑戦したかったことも専攻科を選んだ理由のひとつです。専攻科では、海外公演も経験し、今後の演劇人としての自信を持つことができるようになりました。

小野耀大さん
苦手だった身体表現が、実践の多い専攻科での稽古を通して、ある日を境に変化したと先生から言葉をかけられ、自分でも手応えを感じています。その自信を手に、海外公演では言語の通じない相手に、演技で魅せることができたと思います。今後は、もっと舞台に立ち、存在感のある役者を目指したいと考えています。

専攻科音楽専攻について

本科の教育課程を発展させ、専門能力をさらに深める2年間

専攻科音楽専攻は、芸術科の教育課程を発展させ、関連科目を充実させるとともに実技の研鑽を通じ、より高度な専門教育を行う2年間です。本学の音楽専攻卒業生または同等の能力があると認められる者を対象に、徹底した個人レッスンをはじめ、アンサンブル、室内楽、歌曲研究、音楽療法など、専門分野の能力を深める科目が揃っています。また、2017年度より、チェンバロ専修が増設されました。さらに本専攻科を修了した後も、なお研鑽を積もうと希望する学生には、研究生制度が用意されています。

ピアノデュオ研究

ピアノ・アンサンブルの基本を身につける
連弾と2台のピアノのための作品を通して、ピアノ・アンサンブルの基本を学びます。授業は、学生がチームを組んでデュオ演奏しますが、それを公開レッスン形式に進めることでより実践的に行います。

オペラ実習

舞台制作の過程を経験する
授業は、演劇専攻の教員を含め、「演奏」「演技」「上演」の3 段階に分けて1 年間行われます。受講生は徹底した訓練のなか、舞台が創られていく過程をひとつずつ経験することになり、その成果は「オペラ実習試演会」で披露されます。

アウトリーチ研究

聴衆と感動を共有できる演奏会を
従来の鑑賞型の演奏会だけではなく、「演奏+α」(楽器体験、ワークショップなど)を追求し、奏者と聴き手が一体となれるプログラム、コンサートを創り出していきます。企画・構成から本番での聴き手とのコミュニケーションまで、実践的に学びます。

歌曲研究

言葉と音楽の融合を探る
「歌曲」というと声楽とピアノでの演奏が基本ですが、この授業では、本学の特徴を活かし、箏やギターの伴奏による歌曲や、フルートやヴァイオリン等の楽器が加わった作品も幅広く取り上げ、言葉につけられた音の世界を学んでいきます。

Students' voices

杉山咲耶子さん
「室内楽研究」や「音楽療法演習」など、仲間と音楽をつくり上げていく授業を多く履修しています。これまで学んだ理論が実践となって、今の学びに生きていると感じます。実際に養護施設や老人ホームに出向き演奏する機会が多く、将来は、子どもや楽器に触れたことがない大人の方々へ音楽を伝える仕事に携わりたいと考えるようになりました。

大橋すみれさん
専攻科は実践的な授業が特長です。「アウトリーチ研究」では、自分たちでプログラムやMCも考えて、演奏会をつくり上げ、さまざまな場で披露します。どうすれば良い演奏会になるのか、皆で真剣に話し合う機会が多く、自分の意見を遠慮せずに言えるようになりました。将来は小さな演奏会を企画し、演奏活動をしていきたいと考えています。

智葉夏鈴さん
自分のピアノ演奏を一番よく分かってくれている荻野先生に、さらに教わりたかったので専攻科に進学しました。専攻科では、ジャズの作曲にもチャレンジするようになり、曲づくりを経て、曲の読み込み方にも変化が出てきました。また、少人数での実技系の授業や、アウトリーチなど演奏する場面が増えたことも上達につながったと思います。

寺田日向子さん
オペラがやりたいという思いで専攻科へ。オペラ実習では、歌だけではなく演技の勉強もあり、1つの公演をつくることを学べます。何より、プロの歌手である助演の先生方から間近で学べることが魅力です。舞台に立つプロの目線からの指導で、着実に力がついてきたと感じています。今は、オペラ実習試演会への稽古に夢中の毎日です。

専攻科募集要項

PDFファイルのダウンロードは下記ご希望の専攻をクリックしてください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

2020年度「専攻科演劇専攻」入試についてご案内します。


2020年度「専攻科音楽専攻」入試についてご案内します。