グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 入試案内  > 専攻科について

専攻科について


桐朋学園芸術短期大学では、本学芸術科を卒業した学生がさらに研鑽をつむために、専攻科を設けています。専攻科では、演奏活動や上演活動を重ねることによって、実践力を伸ばしていきます。
なお、本学芸術科を卒業した者と同等以上の学力・能力があれば、本学の出身でない方も専攻科の入学試験を受験することができます。

※2018年度より学位授与機構認定専攻科となりました。所定単位を修得し、同機構の審査に合格することで、四年制大学を卒業した場合と同じ「学士」の学位が取得できます。


専攻科演劇専攻について

高度な専門教育で実践力を高める「プラス2年間」

専攻科演劇専攻は1968年に設置され、高度な専門教育により演劇界に多くの人材を輩出してきました。
専攻科では、本学演劇専攻卒業生または同等の能力があると認められた者を対象に、年3回の劇上演実習とワークショップを通して実践力を養います。
創設50周年を機に、カリキュラムをさらに充実し、多彩な科目を新たに増設します。

特別講義

一流の講師陣を招いての充実した講義
演劇人としての幅広い教養を身につけることを目的に、一流の表現者および研究者を講師に招いて行われる講義です。学期ごとにテーマが設定され、毎週講師の顔ぶれが変わります。

【2018年度特別講義】
演劇と社会
長田 渚左         ノンフィクション作家
ニコラス・バーター名誉教授 演出家
詩森 ろば         劇作家・演出家
大橋ひろえ         女優・ダンサー
飛田 勘文         児童青少年演劇研究
伊藤 キム         ダンサー・振付家
西川 信廣         演出家
柳沼 昭徳         劇作家・演出家
シルビア・グラブ      女優
コング桑田         俳優
佐藤  信         劇作家・演出家
末永 明彦         演出家
ヴィクトル・ニジェリスコイ 俳優・演出家

ワークショップ

第一線で活躍する演劇人・アーティストによるワークショップ
2018年度には演出の鵜山仁特別招聘教授の指導のもと、「アンティゴネ」を題材に、台詞を徹底的に読み込む基礎の大切さを学びました。また、和田喜夫特別招聘教授によるワークショップでは、きめ細かな演技指導を受けました。

劇上演実習

プロの演出家による劇上演実習
専攻科で学んだことの総決算。「本読み」から「立ち稽古」、「舞台稽古」、そして「本番」と、プロの演出家による徹底した稽古が40日間にもおよび、完成度の高い上演を可能にします。

2015年度専攻科試演会
『黒い十人の女』
作:和田夏十 演出:三浦 剛

2017年度 専攻科演劇専攻試演会
『桐朋シェイクスピア』
演出 越光照文

Students' voices

新井凜太
海外公演に参加したくて専攻科に進学しました。この半年間でソウル、インドネシアでの大会に参加し、世界の同世代の出演者と触れ合うことで、大きな刺激を受けることができました。表現者としての現在の課題は、日常的により多くのインプットをすることです。また、将来は表現の教育者になりたいので、演出家の観点からも物事をとらえるようにしています。

泉紀華
専攻科には、自分がやりたいことを自由に作品にする『演技研究C(実験劇)』という授業があります。高齢者施設へのアウトリーチ活動として、言葉を使わずに「音」と「身体」だけで表現する作品に挑戦。高齢者の方々の反応に多くの気づきをいただきました。また、最近では、さまざまな役を演じながらセリフで遊べるようになったと、自身の成長を感じています。

藤見花
今の自分の課題は、「ここまで」と決めてしまっている自分の殻を破って、もっとその先へ行くことです。少しずつではありますが、ひとつ公演を終えるごとに、演技についても一人の人間としても自信がついてきたと感じています。そして海外公演での経験などから、幾つになっても舞台に立ち続け、海外でも通用する役者になるという大きな目標ができました。

望月肇
この1年間で3本の学内公演に加え、海外公演2本、外部の舞台1本に参加する機会がありました。舞台ごとにプロのスタッフの方たちの仕事に出会い、自分も音響スタッフとして参加し演者を外から見ることで、まだまだ学生としての甘さがあることを痛感。今後は、演者としての自分と、さまざまな角度から向き合っていきたいと思っています。

専攻科音楽専攻について

本科の教育課程を発展させ、専門能力をさらに深める2年間

専攻科音楽専攻は、芸術科の教育課程を発展させ、関連科目を充実させるとともに実技の研鑽を通じ、より高度な専門教育を行う2年間です。本学の音楽専攻卒業生または同等の能力があると認められる者を対象に、徹底した個人レッスンをはじめ、アンサンブル、室内楽、歌曲研究、音楽療法など、専門分野の能力を深める科目が揃っています。また、2017年度より、チェンバロ専修が増設されました。さらに本専攻科を修了した後も、なお研鑽を積もうと希望する学生には、研究生制度が用意されています。

ピアノデュオ研究

連弾と2台のピアノのための作品を通して、ピアノ・アンサンブルの基本を学びます。授業は、学生がチームを組んでデュオ演奏しますが、それを公開レッスン形式に進めることでより実践的に行います。

オペラ実習

授業は、演劇専攻の教員を含め、「演奏」「演技」「上演」の3 段階に分けて1 年間行われます。受講生は徹底した訓練のなか、舞台が創られていく過程をひとつずつ経験することになり、その成果は「オペラ実習試演会」で披露されます。

アウトリーチ研究

聴衆と感動を共有できる演奏会を
従来の鑑賞型の演奏会だけではなく、「演奏+α」(楽器体験、ワークショップなど)を追求し、奏者と聴き手が一体となれるプログラム、コンサートを創り出していきます。企画・構成から本番での聴き手とのコミュニケーションまで、実践的に学びます。

歌曲研究

言葉と音楽の融合を探る
「歌曲」というと声楽とピアノでの演奏が基本ですが、この授業では、本学の特徴を活かし、箏やギターの伴奏による歌曲や、フルートやヴァイオリン等の楽器が加わった作品も幅広く取り上げ、言葉につけられた音の世界を学んでいきます。

Students' voices

関根季樹
専攻科への進学は、他大学へ編入しなくても学士の学位を取得できることが魅力でした。そのうえ、少人数での授業では、歌曲研究や室内楽の授業などでの発表の場が多くとても鍛えられます。特に好きな授業は、演劇科と合同で行うオペラ実習。裏方も自分たちで受け持つので、多くの気づきがあります。将来は社会人として音楽に関わっていきたいと思っています。

道下加奈恵
専攻科は先生方との距離が近いことから、学びの多い毎日を送っています。音楽療法やアウトリーチ実習では、コンサート形式ではない演奏を経験。観客との近さから、反応を肌で感じることができ、音楽の持つ可能性を再認識することになりました。卒業後はさらに音楽を学ぶための進路を考えています。その後は音楽で社会貢献することが目標です。

星可奈絵
音楽大学を経て、音楽教室の講師をしながら伴奏の仕事に就いていましたが、より高度な力を身につけたいと少人数教育の桐朋の専攻科へ入学しました。アンサンブルを行う授業では、色々な楽器の人との交流で、自分の音楽に広がりを感じるようになりました。また、海外から招聘した先生によるレッスンを受講し、曲を深く掘り下げることができました。

八谷瑞穂
芸術科の時に教職を履修していたので、専攻科では主に実技授業をとり、今まで以上にフルートと向き合っています。室内楽、アンサンブルの授業では、学年を越えて演奏をつくります。他者の意見を受け入れ、より良い音楽を紡ぐことができるようになりました。今後は、演奏会を行ったり、介護施設などへの訪問演奏などをしていきたいと考えています。

専攻科募集要項

PDFファイルのダウンロードは下記ご希望の専攻をクリックしてください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader®が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

2020年度「専攻科演劇専攻」入試についてご案内します。


2020年度「専攻科音楽専攻」入試についてご案内します。