グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 音楽専攻  > 長期履修制度について

長期履修制度について


2015年度入学生から導入の「長期履修制度」についてご案内します。


長期履修制度とは

 本学の「長期履修制度」は、短期大学の修業期間を3年間に延長して、2年間分の学費(一部別途徴収)で、計画的に学ぶことができる制度です。この制度では、時間的な制約から進学が難しかった方や、自分に合ったペースでゆっくり学びたい方など、それぞれのライフスタイルに合わせて、正規の学生として学ぶことができます。


対象専攻
標  準
修業年限
長期履修制度
修業年限在学年限
芸術科音楽専攻2年3年4年

対象者

 入学試験合格者のうち、1999年4月1日以前に生まれた方
(2021年4月1日時点で満22歳以上の方)

申込手順

入学試験合格者を対象に、長期履修制度に関する説明会を実施します。
長期履修制度対象年齢の方には、選考結果通知と同封して「長期履修制度説明会のお知らせ」をお送りしますので、参加を希望する場合は、入学手続書類とあわせて「長期履修制度説明会申込書」をご提出ください。
※総合型A 4期・総合型B 3期・一般B・社会人3期合格者を除く

入学後、「長期履修ガイダンス」に出席し、指定する期日までに「長期履修申込書」を提出してください。
担当教員のアドバイスを受けながら長期履修計画を作成し、履修登録をおこないます。

学費の納入について

 3年間学ぶ場合にも、学費の総額は2年分とほぼ同額(一部別途徴収)です。つまり、半期ごとの学費納入額の負担が軽減されることになります。※前期分は4月に、後期分は9月に徴収します。
下記は、2020年度学費納入金額の一覧です。2021年度学費については、改定することもあります。

1年目

区分

内訳
1年
年額合計入学手続時後期分
 入学金420,000420,000-
 施設拡充費170,000170,000-
 授業料744,000557,000187,000
 第一実技履修料---
 施設維持費54,00040,00014,000
 学生諸費22,00016,0006,000
 演習実習費30,00022,5007,500
 教材費4,0004,000-
 学生会入会金2,0002,000-
 学生会費2,0002,000-
 同窓会永久会費---
 防災用品費3,0003,000-
合 計1,451,0001,236,500214,500

2年目

区分

内訳
2年
年額合計前期分後期分
 入学金---
 施設拡充費---
 授業料742,000371,000371,000
 第一実技履修料---
 施設維持費53,00026,50026,500
 学生諸費21,00010,50010,500
 演習実習費30,00015,00015,000
 教材費---
 学生会入会金---
 学生会費2,0002,000-
 同窓会永久会費---
 防災用品費---
合 計848,000425,000423,000

3年目

区分

内訳
3年
年額合計前期分後期分
 入学金---
 施設拡充費---
 授業料742,000371,000371,000
 第一実技履修料187,500187,500-
 施設維持費53,00026,50026,500
 学生諸費21,00010,50010,500
 演習実習費30,00015,00015,000
 教材費---
 学生会入会金---
 学生会費2,0002,000-
 同窓会永久会費15,000-15,000
 防災用品費1,5001,500-
合 計1,052,000614,000438,000

その他

第一実技(主科実技)は、3年間レッスンを行うこととします。卒業試験は3年目修了時とします。なお、3年目の第一実技履修料は別途徴収させて頂きます。また、副科実技・第二実技についても、3年間での選択のしかたによって、追加履修料がかかることがあります。
原則として在学中の修業年数の短縮・延長は、認めません。
中学校教諭二種免許状(音楽)を取得する事が可能です。
教職課程には3~4週間の教育実習や、7日間の介護等体験が必要ですが、これらについては通常の修業期間で学ぶ他の学生と同様の扱いになります。
教育実習Ⅰ・Ⅱについては、後半の2年間で行うことを条件とします。

お問い合わせ・ご相談

オープンキャンパスは、直接音楽専攻の教員に質問ができる貴重な機会になります。ぜひお気軽にご来校ください。

お問い合わせ先は、こちらから。