グローバルナビゲーションへ

メインへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ  > 専攻紹介  > 音楽専攻  > 3つの方針

3つの方針



音楽専攻は、音楽に関わる専門教育その他を通して、豊かな感性を培い、職業および人間形成に必要な能力の育成をめざしている。徹底した実技指導と、少人数クラス制のきめ細かな講義により、幅広い分野で活躍する人材を送りだすことを目標としています。

ディプロマ・ポリシー

学位授与の方針
豊かな感性と知識を備えた音楽家になるため、学科の教育課程(教養科目および専攻科目)の学修を通して専門的学習成果および汎用的学習成果を獲得し、専攻の定める卒業の要件を満たした者に学位を授与する。

専門的学習成果

専門実技、音楽理論、ソルフェージュなどの演奏表現に必要な基礎を学び、知識を活用して作品の理解を深めることができる。(知識・理解)
自ら課題を設定し、演奏表現の向上に向けて多面的に考察し、判断していくことができる。(思考・判断)
社会における自分の存在意義、自己表現の意味を自覚して、積極的に創造活動を行うことができる。(関心・意欲)
自らの音楽的な知識、経験をもって社会におけるニーズに応えることができる。(態度)
演奏家、指導者としての基礎的な演奏技術と表現能力をもち、自分の想像した表現を実現することができる。(技能・表現)

汎用的学習成果

1芸術文化を歴史・社会・自然と関連づけて理解することができる。(知識・理解)
2自ら課題を設定し、必要な情報を収集・分析し、問題を解決することができる。(思考・判断)
3芸術文化に幅広く関心を持ち、新たな創造的表現を実現する意欲に高めることができる。(関心・意欲)
4多様な価値観を理解し、地域社会および国際社会のニーズに応え、活力ある社会の構築に努めることができる。(態度)
5日本語と外国語を用いて、他者の発言や文章を理解し、自らの考えを的確に表明することができる。(技能・表現)

カリキュラム・ポリシー

教育課程編成の実施の方針

 音楽専攻は、幅広い教養と高度な専門性を兼ね備えた演奏家、指導者の育成と研究を目的とし、音楽芸術における演奏技術、表現の基本を体得することを目的としている。そのため、以下の三項目を軸として2年間の教育課程を組み、具体化していく。

楽譜を読み取る力
音楽理論、ソルフェージュ、音楽史などの基本を習得し、楽譜に書かれていることを正確に読み取る力を養う。
演奏表現
個人レッスンを中心に、基礎的な演奏技術、表現力を身に付けるための実践的な力を養う。
アンサンブル
古典から近代までクラシックを中心とした楽曲を学び、基礎的なアンサンブル能力を獲得する。

アドミッション・ポリシー

入学者受入れの方針

専門実技、音楽理論においての知識と基礎的な理解力を有する者。(知識・理解)
楽典、ソルフェージュ、和声理論などを体系的に学習し、積極的に学ぶ意欲をもっている者。(思考・判断)
音楽のみならず芸術一般に幅広い関心をもち、入学後の勉学について明確な志向と熱意を有する者。(関心・意欲)
他者と集団での創造活動をするための協調性があり、専門実技、アンサンブルなどに積極的に参加できる者。(態度)
プロフェッショナルな音楽家を目指し、その技能習得に要する基礎的な演奏技術と表現能力がある者。(技能・表現)